金文字上製本

【金文字製本についての注意事項】

製本・コピー・出力について

  • 紙原稿を直接ご持参いただいた場合は、お客様のお持ち込みの原稿がそのまま綴じられます。
  • データ入稿の場合は、入稿後、必ずご入稿されたことを店舗へお電話にてお伝えください。
  • 当店コピーでの増刷、出力も承っております。(コピー代別途、出力には手数料あり)
  • メディアでの出力は、別途メディア出力手数料がかかります。出力用データは原則としてPDFデータでお願いしております。(Wordでのご入稿もできますが、バージョンによっては改行が変わったり等、出力結果が異なる場合があります。)
  • 製本する原稿に関しては、お客様ご自身でご確認をお願い致します。(当店コピー、出力利用以外のものは、当店での再確認は致しません。)
  • 綴じ代は、綴じ側余白3cmをあけるようにしてください。(横書きは左余白3㎝、縦書きは右余白3㎝になります。原稿の厚みによっては、背表紙に文字を入れるため、厚紙を入れる場合があります。)
  • 製本は、仕上げに整えるため、三方化粧(天地扉を断裁)します。

書体・文字について

  • 英文フォントは原則ゴシック体になります。イタリック体はできません。
  • 活版(表紙・背表紙の活字)にない旧漢字量の多い英文等は納期と別途料金(凸版代)が発生いたします。(ワープロで出る漢字でも、活版にはない場合があります。ご心配な場合は、事前にお問合せください。)
  • 英語以外の言語に関しては、凸版対応となります。

その他

  • 原稿お預かり後の訂正・変更・差し替え等は、お受けできませんので御了承下さい。
  • 表紙のレイアウト見本はありますが、詳細は大学・指導教授等に必ずご確認下さい。

論文上製本納期表
論文上製本納期表